NEWS

一般
2018.07.26

卒業生による講演

7月23日、保育学科2年生を対象に、本学保育学科・専攻科の卒業生による講演会が行われました。

講師は、特別養護老人ホーム桐ヶ丘やまぶき荘の課長である橋本光広さんでした。特別養護老人ホーム桐ヶ丘やまぶき荘には貞静学園の卒業生も多く就職しています。

本学の保育学科・専攻科の卒業生として、専攻科に進学した理由や、就職後の現在の仕事内容について、わかりやすくお話をしていただきました。

介護 講演会

保育を学んだ上で介護を学ぶ意義や、保育と介護の共通点・相違点などについて、具体的に説明して下さいました。他の職種と介護福祉士の賃金についても説明があり、介護は給料が低いイメージがあるが、実際は夜勤手当や処遇改善などにより他の職種と比較しても劣らない高めの水準にあると語って下さいました。

 

施設の紹介、仕事の内容はもちろんのこと、学生時代の体験談なども交えて、幅広く充実したお話しをしていただき、学生たちは熱心に先輩の話に耳を傾けていました。

介護 講演会学生からは、介護実習ではどのようなことをするのかや、ケアマネジャーになるために働きながら学べる環境はどうなっているか、実際の給与などについて質問がありました。介護 講演会

介護 講演会貴重なお時間を割いて後輩たちのためにご講演くださり、誠にありがとうございました。

先輩のお話を聞いて、もう1年介護も勉強してみようかな~と思った学生も多かったのではないかと思います。