NEWS

一般
2018.11.27

【専攻科介護福祉専攻】視覚障害のある方への歩行介助

「視覚障害のある方への歩行介助」の演習をしました。

視覚障害のある方への介助の中でも特に歩行介助は危険も多く、きちんと理解していないと安全に支援することができません。

アイマスクを装着し、視覚障害のある状態とはどういう感覚かを体験します。

介助する側はどうすれば安全に支援できるか試行錯誤しています。

演習後「信頼関係がないと怖い」という感想ばかりでした。

介護福祉士として支援する際に大事な”信頼関係”や”コミュニケーション”の大切さをより実感していました。