NEWS

一般
2020.12.23

新型コロナウイルス感染症拡大における保育実習の実施について

 2020年12月22日

貞静学園短期大学 保護者の皆様へ

                             貞静学園短期大学

                              学長 奥 明子

 

新型コロナウイルス感染症拡大における保育実習の実施について

 

日頃より、本学教育に、ご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染の拡大懸念の中、落ち着かない日々をお過ごしとお察し申し上げます。

さて、2月実施予定の保育実習ですが、本学として実習は学生にとって貴重な学びの場ととらえております。保育実習先探しに苦慮する場面もございますが、できるだけ近隣をと考えております。ただ、施設実習については、そういった意向もままならないこともあります。

2月実施といっても、まだ、コロナウイルス感染のリスクがなくなったわけではないことを念頭に以下の対策を講じてまいります。保護者の皆様にあってはご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

(1)2020年度入学生につきましては予定通り、2021年2月・5月・6月を予定いたしております。

(2)実習実施においてコロナウイルス感染予防策などで実習期間(時間・日数など)が短縮した場合、補講あるいは再実習などの措置を講じます。

(3)学生が実習中に新型コロナウイルス等の感染症に感染または、濃厚接触者となった場合は、実習がその時点で中止となりますが、その際、再実習、あるいは補講などの措置を講じます。

(4)学生が宿泊などの実習を実施しているときに新型コロナウイルスに感染した場合あるいは濃厚接触者となった場合、保護者の方にお迎えに行っていただくなどのご対応をお願いすることも想定されます。その際にはご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

学生には「保育実習(保育所・施設)にあたっての諸注意」「健康チェック表」を配布

いたしまたので、併せてご協力をお願い申し上げます。

 

以上