ていたんの人々

VOICE OF
SENIOR
在学生
夢に向かって、
クラスの仲間と
助け合いながら成長中!
保育学科
古郡 愛(ふるごおり まな)さん
埼玉県立新座高等学校出身
ていたんの校風

授業もイベントも
まじめに楽しく
全力で取り組む

❝ていたん❞の雰囲気を一言でいうと「明るく礼儀正しい学校」です。 私は、オープンキャンパスの楽しそうな雰囲気が良くてこの学校を選んだのですが、実際の雰囲気もイメージどおり。一方で、まじめな学校という印象があり、私でも大丈夫かな? と少し不安もありました。でも、入学してみたら友だちも先生も面白い人ばかりで、やるときはまじめにやる、楽しむときはとことん楽しむ。みんな本当に「切り替え上手」なんです。
❝ていたん❞は短大では珍しいクラス制で、授業も毎日あるので良い意味で高校みたいで楽しいです。クラスの仲間は元気いっぱいで、ずっと仲良くしたいと思える存在。大変なことも多いけど、みんな「保育者になる」という夢は同じなので、教え合い、励まし合いながら授業や実習に取り組んでいます。

はじめての教育実習

準備は万全
ドキドキしたけど
園児の笑顔にホッ

先月、初めての教育実習(※1年生の11月に実施)に行ってきました。不安もありましたが、❝ていたん❞には歴代の先輩たちが残してくれた「実習報告書」があり、事前に自分が行く園の様子がわかるので安心です。実習先に持参する絵本選びは図書室の司書さんが相談に乗ってくれるし、実習中も❝ていたん❞の先生方が巡回してサポートしてくれるので心強かったです。
実習で印象に残っているのは、手遊びや読み聞かせをしたときの子どもたちの楽しそうな表情。「先生大好き!」と言ってくれてうれしかったです。一番大変だったのは「実習日誌」です。帰宅後にその日のできごとを記録して翌日に提出するのですが、疲れて眠いし、思い出せないし……。毎晩クラスの友だちと電話をつないで、お互いに寝ないようにがんばって書きました。

受験生へ
メッセージ

ピアノはなるべく早めにやっておきましょう! 私は高校3年生の春にピアノ教室に通い始めたのですが、それでも「もう少し早めにやっておけばよかった」と感じています。学校にはピアノが60台あるので練習できる環境は整っていますが、ピアノレッスンは週1回だから、自主練は必須。そんな私も、大学祭「EXPO TEISEI 2021」では音楽祭に出演し、友だちと一緒に連弾を発表しました。